はれのひの社長は逮捕されないの?

上原勇一郎はこの役員は逮捕されるべきだと思います。

一生に一度の成人式。

上原勇一郎とはれのひ事件

特にこの日に力を入れている女性は多いと思います。
振袖を選んで前撮りをして、当日も着付けにメイクにと。
業界にとっては毎年恒例でも一人一人にとっては最初で最後の成人式。

そんな日にこんなひどい仕打ちをするとは本当に腹立たしいことですね。

振袖なんてそんなポンポン買えるものでもなく。
ご両親や祖父母と吟味に吟味を重ねて購入していると思います。

それが当日になっても振袖が手元に届かない、自分の着物がどこへ行ってしまったのか?
せっかくの晴れ舞台に…

計画的に倒産したなんてことも言われていますが、それなら尚更ひどい。
わかっていたことをずっと隠して隠して、当日になって「はい、さよなら」なんてことあり得ますか?!

経営者ならずっと前から経営困難なんてことわかってるはずです。
もっと前に倒産していたら他の着物を用意したり、着付けも他の業者に頼んだりとできたはずです。
それなのに、成人式当日に頓挫。これは本当に悪質。

色々なニュース記事を読んでいれば
お母さんの着物を娘さんも成人式で着るので着付けを依頼、着物は前もって預けていたけどその着物がどこにいってしまったのか?
という人もいました。
親子二代にわたっての大事な着物。
それすら返してもらえないなんて…

「せめて前撮りの写真だけでも欲しい」と涙ながらにインタビューに答えているお母さんもいらっしゃいました。
大事な娘さんの晴れ舞台がこんな風になってしまうなんて一体誰が想像できたでしょうか?
成人式の準備はたとえレンタルの振袖でも安くはありません。
前撮りの撮影代やその時の着付け代。
当日の着付け代。
その日のために何年もまえからコツコツと積立貯金をしてるご家庭だってあるはずです。

あーーーー
本当にこの記事を書いてるだけで腹立たしくなってきた!

社長は国外に逃亡とかいわれていますが早く公の場に出て来て責任をとってほしいものです。
例え、お金や着物が返ってきたとしても
もう過ぎてしまった成人式の日を取り戻すことはできません。
同級生たちと着飾って再開するあの時間。この先、何歳になっても思い出話に出てくる成人式。
一生消えることのない傷です。

この人がどう責任をとってもそれは取り返せません。

当日、他の業者が着物を用意したり着付けをボランティアしてくれた方がいたという話を聞けたことがせめてもの救いです。